読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ継続日数増やしたいからお題書きます。

お題「今年良かった映画」

 

なのでお題書く。

 

今年もいろんな映画見たけど、一番は有無を言わさずシン・ゴジラだった。

とはいえ言って気持ちをうまく言葉に書き綴れないぐらい文書下手の語彙力死滅生物なのでいい感想は書けないよ。言い訳。

 

良かったですとしか言えないけど。映画を作った監督が庵野さんでほんとうに良かったなと思う。

2014年版のレジェゴジも勿論大好きですが、FWを最後にもう見ることは無いのかなと思っていた日本のゴジラが帰ってきたと実感できたのはやっぱり今作だったし、それが本当に嬉しかった。

日本のあり方がどうとかこうとかって言うのも良かったけど、私にとってはゴジラが帰ってきたって実感できただけで幸せです。

今年一番の思い出といってもいいくらい。製作関係者に心からお礼を申し上げたい。

そして次はレジェゴジの新作楽しみにしてます。がんばってくれ。死ぬほど待ってます。

あ、あとゴジラのアニメ映画も予定されてたね!あれも楽しみ!!

庵野さんはエヴァつくってね

 

それにしても、このゴジラは世間でも物凄く話題になってましたね。

ずっとずっと楽しみにしていた邦画ゴジラ最新作だったけど、まさかファン以外からもここまで注目を浴びるとは思わなかった。

そのおかげで批判もたくさんあったし、いろんな人のTwitterが炎上したり記事が炎上したり。

批判を見たファン達が発狂したり。

それを見ながら「ここまで話題になるシンゴジはやっぱり最高だったんだな」って一人幸せな方向に結論づけて満足していましたが。

良いと思った人は良かったといえばいいし、悪いと思った人はつまらなかったといえばいいし。個人の思いに他人がどうこう言う筋合いなんて無いというか、言いたいことは勝手に言ってくれというか。

中には批判の内容を見て気づくこともあったし。あ、海外の反応もたくさんあったね。カヨコ氏への反応がやっぱりダメだったね。

そういうのを見るのも面白かったなって思う。

 

ただ気にくわないのは、記事の閲覧数を稼ぎたいがためにわざとゴジラを批判したのが丸見えな人が度々いたことだった。

心から思った事を書いた結果批判になったならいいけど。

そんなことのためにゴジラの悪口を言うのは無理案件すぎるというか。そういう奴らだけは心の底からくたばれと当時は思いました。

うそです。いまでも思ってます。くたばれや!!

おわり!